保証会社と契約できる賃貸物件なら無理して保証人を探す必要なし

賃室賃貸借契約書

連帯保証人なしでも借りられる?保証会社の利用が可能な賃貸物件

家の模型

急な引っ越しが決まって急いで住む場所を確保する必要がある場合、折角部屋そのものは見つけられても、連帯保証人を頼める人がいないばかりに契約出来ないケースがあります。連帯保証人を見つける見込みがないことが予め分かっている場合は、お部屋探しの段階から、連帯保証人が必須ではなく保証会社を利用できる物件に絞ることで、こうした面倒を避けることが可能です。
従来、賃貸物件に入居する契約を締結する際には、借主に加えて連帯保証人にも契約に関与してもらうのが通例でした。しかし、もともと、連帯保証人というのは、家賃債務保証という重責を担う役割で、誰にでも気軽に頼める種類のものではありません。そのため、身内と呼べる人がそもそもいない、あるいは疎遠で、そのような頼みごとが出来ないという人も、実際には少なくありません。こうした背景もあって、最近は、代わりに保証会社が使える賃貸物件も増加しているのです。
保証会社を使うことが出来れば、借主は無理に連帯保証人を探す必要はなくなり、代わりに保証料を支払うことで賃貸契約を締結できます。保証料の金額や支払い方法は物件によって違ってくるため、詳しいことは不動産業者に契約前にしっかり確認しましょう。

滞納した家賃を立て替えてくれる保証会社

これから初めて賃貸物件を探して契約する予定の人は、家賃債務保証という言葉についてよく理解しておく方がいいでしょう。賃貸物件の利用は、借主が貸主に対して予め合意した期日までに規定の賃料を支払うことで可能になります。賃貸契約は、この点を中心に、その他重要な賃貸物件利用に関する諸条件を詳細に記載したものです。
そこで、連帯保証人という役割を担う借主以外の人にも契約に関与してもらうことが必要になりますが、連帯保証人が負う責任が、家賃債務保証と言われるものです。これは、具体的には、借主が賃料の支払いを怠った際に、借主に変わって連帯保証人がその債務支払い責任を負う、平たく言えば、滞納した家賃を建て替え払いするということです。
ところが、賃貸物件を利用する人が全員、連帯保証人を見つけられるわけではありません。そんな場合、賃貸物件を借りるのは不可能かと言うと、そんなことはありません。保証会社を利用することで、家賃債務保証を保証会社に担ってもらうという選択肢もあります。家賃債務保証という責任の重さに鑑み、連帯保証人は身内に頼む人が多いですが、それが出来ない場合は、保証会社を使える賃貸マンションを探して入居申し込みをすれば大丈夫です。

保証会社を使うことで外国人の方でも賃貸マンションへの入居が容易に

外国で賃貸物件を探して入居する際には、国内で探す場合と比べて対処しなければならない問題が多いものです。その最たるものが、連帯保証人の確保でしょう。賃貸契約を結ぶ際、通常は、連帯保証人の情報も契約に含めなければなりません。しかし、異国暮らしの外国人にとって、家賃債務保証のような重い責任を自分のために担ってくれるよう頼める人を見つけるのは、そう簡単ではないでしょう。
そんな場合に是非選択肢として検討したいのが、保証会社を利用して契約可能な賃貸物件です。保証会社は、言ってみれば、連帯保証人という一個人に代わって、家賃滞納が発生した時に立替払いをしてくれる会社です。連帯保証人との相違点は、個人か企業かという点だけではなく、費用の面でも違いがあります。
連帯保証人を立てる際、費用を支払うことはまずないでしょうが、保証会社を使うには、サービスの利用代金として保証料を支払います。即ち、保証会社に連帯保証を依頼して賃貸物件を利用する場合、月々の家賃と管理費に加え、保証料も住宅関連コストとして見込んでおく必要があります。
外国人にとって、賃貸物件探しの障壁の代表ともいえる連帯保証人ですが、保証会社を活用することで簡単にクリアできるでしょう。